官能ポルノRPG 夜行バスという密室で声も出せずイカされた読書好きな ゆずか

官能ポルノRPG 夜行バスという密室で声も出せずイカされた読書好きな ゆずか


>> ダウンロードページ ①

RJ341451_img_main
RJ341451_img_smp1
RJ341451_img_smp2
RJ341451_img_smp3
RJ341451_img_smp4
RJ341451_img_smp5
PlayPause
previous arrow
next arrow
RJ341451_img_main
RJ341451_img_smp1
RJ341451_img_smp2
RJ341451_img_smp3
RJ341451_img_smp4
RJ341451_img_smp5
previous arrow
next arrow
サークル名 大和ふみ 
販売日 2021年08月29日 16時
シリーズ名 官能ポルノRPG
年齢指定
18禁
作品形式
ロールプレイング音楽あり
ファイル形式
アプリケーション
ジャンル
女性視点 寝取られ 痴漢 羞恥/恥辱 監禁 レイプ 盗撮
ファイル容量
391.83MB

読書少女 最悪の夜

恥ずかしくて怖くて何をされても声を出せず抵抗も出来ない読書少女
深夜バスの密室で気弱な女子校生の受難!

(ゲーム背景)
祖母の家に向かうために乗り込んだ夜行バス。
女子校生のゆずかは、道中で本を読むことを楽しみにしていた。
大人しそうな女子校生の、夜行バスでの一人旅。
読書にいそしむ彼女に、魔の手が迫っていた…!

ゆずかは助けを求めることもできず、ただただ耐えるしかない。
バスという”動く密室”で、ゆずかは成す術もなく辱めを受ける!
何もなかったように走り続ける夜行バス…

(ストーリー重視の官能ポルノRPG)
逃げられない”走る密室”夜行バス!
動く密室で凌辱されるゆずかの主観で進むストーリー!
彼女の心情や心の声がリアルに表現され、ゆずかの恐怖や戸惑い、…そして抗えない快楽!
文学少女ならではの、感情揺さぶる巧みな表現でゆずかの心境がリアルタイムで語られる!

流れゆく彩られた街の夜景。そんな車窓を楽しみつつ、ゆっくりと読書にひたるはずが…
夜行バスという最悪の密室で、隣の席に座る男にされるがままの屈辱の時間に変わってしまった!

恐怖、恥ずかしさ、脅し、どれもが女子校生の抵抗意思を完全に打ち砕く!
凶器を突き付けられ、家族にまで危害を及ぼすと言われ、誰にも見られたくない姿を晒し…
しだいにゆずかは抵抗する気力も失ってゆく…

(脱出のチャンス!サービスエリアでの休憩時間)
バスを降りて唯一の自由行動が可能な時間!
何回かバスを降りてのSA休憩タイム――。
例のオトコは後ろからずっとゆずかの後をピッタリつけてくる!
彼女はトイレに行くことも許されないのか?!

果たしてSAでの休憩時間を利用して助けを求めることができるか!?

(ゲームを盛り上げる為の演出効果 その1)
ただ犯すだけじゃない!ヒロインをよく知って身近に感じてからレイプ!
バスに乗る前に彼女の日常に触れ、よく知ることでもっとゆずかに感情移入!
これから会う大好きなおばあちゃんとの電話での会話や彼氏とのSNSでのやり取り等…。
さまざまな日常エピソードを盛り込んで、ゆずかのこれから始まる凌辱の期待感が倍増!

(ゲームを盛り上げる為の演出効果 その2)
犯人目線で読書中少女のスカートの中を盗撮!
彼女がその事実に気がつく前のちょっとした違和感から演出。
盗撮されている事を確信してからも怖くて何も出来ない彼女の心の声を聞くことが出来ます

「なんでっ…!この人いつから隣に…!?」
空席だったはずの隣に座る見知らぬオトコは、ゆずかのスカートの中にスマートフォンを向けている。
「撮られてるっ…!私の下着…声を出さなきゃ…助けを呼ばなきゃ…!」
オトコは、ゆずかに盗撮を気付かれてもなおその行為を止めない。
「お願いっっ…誰か…誰か助けて…怖いっ、気持ち悪いっ…!」
恐怖と恥ずかしさのあまり、何もできないゆずか。
「‥‥怖いっ…声が出ないよ…助けて…誰か助けてぇっっ…!」
オトコは、ゆずかが何も抵抗できないことを悟ってしまう…!


>> DLSITEで購入!

大和ふみカテゴリの最新記事